|「2012年度、総務省の統計によると

「2012年度、総務省の統計によると、『遵守』の読みが答えられない人は、約9割にも上っています!」
「かく言う私も、かつて『遵守』が読めない人間の一人でした。『遵守』の読みが分からず、毎日をだらだらと過ごしていました。」
「このまま、『遵守』の読みが答えられないまま、私は老いていくのだろうか。毎日をつまらなく過ごし、『遵守』を読めぬまま平凡な人生を終えるのだろうか……」

なんなんだ!このページは!?
さっきから読み進めているが、イライラする。話の核心には一切触れず、いつまで引き延ばしてるんだ。
時間がねえんだよ。早く何て読むか言えよ。がいいですよね。中古とは思えないくらい内装が素敵ですね。仲介手数料が無料のリノベーションマンションがいいですよね。中古とは思えないくらい内装が素敵ですね。

「そんな人生を変えたのは、一冊の本でした。」
「なんと、わかったんです!『遵守』をなんと読むかが!」
「私はこの本に書かれていることが、初めのうちは、信じられませんでした。『えっ!?こんな読み方をするの?』と、あいた口がふさがりませんでした。」
「しかし、本を読み進めていくうちに、私は納得しました。『遵守』という言葉をそう読むには、深い理由があるということを。目からうろこが落ちました。気付くと、私は泣いていました。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>