| クルマのコーナリング中に起こる力学は

クルマのコーナリング中に起こる力学は非常に複雑な要素の組合せで、高度な解析ソフトを用いないと解明は難しいため、頭で考えるには簡単なモデルに直す必要があります。がいいですよね。中古とは思えないくらい内装が素敵ですね。仲介手数料が無料のリノベーションマンションがいいですよね。中古とは思えないくらい内装が素敵ですね。

つまり、一定にかかる横Gだけを考えて、車体を金太郎アメみたいに輪切りにした状態の断面で考え、左右のタイヤにかかる荷重変化のみを求めるとかですね。

例えば、トレッド幅1500mm、重心高さ750mmのクルマで、左右それぞれ400kgfずつの垂直荷重がかかっていたとして、サスペンションはストロークしないものとして考えた時に、ここに横Gが加わっていくと、左右のタイヤにかかる垂直荷重成分はどのように変化するのか?

サスペンションはストロークしない前提ですから、ロールセンターやサスペンションジオメトリーは考慮しなくていいですね(もちろん空力もここでは考慮しません)。

上記のマシンが左にコーナリングして横Gが1Gかかると、左右車輪の荷重はそれぞれ何kgfになりますか?
(左右の合計は800kgfなので、この合計値は増減しないハズです)

①左400kgf右400kgf
②左200kgf右600kgf
③左117kgf右683kgf
④左0kgf右800kgf
⑤車体は横転する
⑥上記以外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>